任意保険について

MENU

任意保険について

任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは違って、自賠責保険の範囲内で補いきれない部分の補償が可能になる保険といえます。

 

これは任意保険のポイントは自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険という意味合いで機能しますので自賠責保険でカバーできる支払い能力を上回った際に機能します。

 

さらに自賠責保険の中では物に対する損害に関しては保証されていないので、物に対する損害をカバーする時には入っておく必要があります。

 

既に任意保険を納付済みのマイカーを売却する場合は日本の自動車でも外車というようなことは例外なく、残存金額が戻ってきます。

 

これは国産自動車を査定に出す場合でも例外ではありません。

 

自動車損害賠償責任保険の場合一般的にはかけたままにしておくのが常識になっていますが任意保険というものは全ての人が加入するものではないので、キャンセルになります。

 

それで、キャンセル後は、支払っている残金が返還されるのです。

 

自動車の買取が決まったと言ってもすぐさま任意保険を中途解約するという選択肢は危険です。

 

当然早くキャンセルしてしまえばその分戻ってくる金額は増えますがもし中古車買取店が離れた場所にあって、自分で運転していくような際は、任意保険なしで運転をする必要があります。

 

緊急事態を想定して、万が一にも今後自ら自動車の運転をすることはない状況になるまでは任意保険の契約のキャンセルの手続きはすることのないようにしましょう。

 

中古車を処分して、すぐさま新しい車両に買い換えるのであれば問題ないと思いますが乗らない状況が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったら任意保険に入っていない期間が存在すると以前に入っていた時の保険の等級が下がるため、保険料の金額が増額されることがあります。

 

そういったような時では「中断証明書」という書類を発行してもらうようにすることが必要です。

 

この「中断証明書」があることで最長で10年は契約解除前の等級を継続することができます。

 

これは、13ヶ月以内ならば出してもらうことができるので現在手放していて「中断証明書」という書類を発行していない状況でしたら保険の提供元や代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。

 

自分が新たにクルマを購入してその後以前持っていた中古車を買い取りしてもらう場合は、任意保険は片方のみになります。

 

任意保険の変更になるので運転しなければならない愛車であれば処分の際まで注意しなければなりません。

 

また任意保険の保険料は排気量や車種次第で料金が少し変化してきますから中古車売却の時は任意保険の内容を検討してみる良い機会になるでしょう。